WordPressのコード補完を行ってくれるCodaのプラグイン「WordPress Syntax Mode」

Macのエディタ「Coda」のプラグイン「WordPress Syntax Mode」を導入するとWordPressのコードの補完を行なってくれるのでとても便利です。

重宝しているので、ご紹介。

  
この記事は2年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

Codaのダウンロード

Codaのダウンロードは公式のサイトかMac App Storeからダウンロードすることが可能です。

2013.12.18 追記

上記サイトから WordPress-Syntax-Mode-for-Coda-2-master.zip をダウンロードし、PHP-HTML-WP3.mode を設置して現在は使用しています。
「構文モード」に「PHP-HTML-WP3」が追加されます。

WordPress Syntax Modeのダウンロード

以下のサイトのダウンロードリンクから「PHP-HTML-WP.mode.zip」をダウンロードします。

WordPress Syntax Modeのインストール



「~/Library/Application Support/Coda/Modes/」配下に解凍した「PHP-HTML-WP.mode」フォルダを置いてください。
Coda2の場合は「~/Library/Application Support/Coda 2/Modes/」になりますのでご注意ください。
ただし、まだ正式にCoda 2には対応してないようです(2012年6月7日)。
Coda 2で試してみたい方は以下のサイトよりダウンロードしてみてください。

ショートカットキー「commnd + shift + G」(Fiderメニューの「移動」->「フォルダへ移動」)で、フォルダまでのパス「~/Library/Application Support/Coda/Modes/」を入力して移動すると良いです。

Codaを起動している場合は再起動してください。

「構文モード」に「PHP-HTML-WP」が追加されます。

以下のようにWordPressのコード補完を行なってくれるようになります。

  

共有やブックマークなど