Web SQL Databaseを使ってCSVファイルからSQLiteへデータを取り込む

HTML5の API の Web SQLデータベース(Web SQL Database) を使って CSVファイルから SQLite へデータを取り込む方法を紹介します。

現在はHTML5の標準仕様からは外れていますが、参考までにどうぞ。

  

Web SQL Database

HTML5の標準仕様からは外れてしまった Web SQL Database ですが、なぜ Web SQL Database を使用するのかというと、MonacaApache Cordova など HTML5ハイブリットアプリを作成する際に使用するからです。

XMLHttpRequest を使用してCSVファイルを読み込むので、Chromeの場合 "C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe" --allow-file-access-from-files のように、--allow-file-access-from-files オプションが必要な場合があります。

ソースコード

改良の余地は大量にありますが、サンプルとして載せておきます。

app.js

(function() {
  // グローバルを汚染しないように、クロージャ内で宣言

  /**
   * DB作成
   */
  function openDb() {
    // データベース名、バージョン、表示名、サイズ
    return openDatabase('test', '1.0.0', 'Test Database', 1000);
  }

  var wsUtil = (function(dbfactory) {
    // DB作成
    var db = dbfactory();

    // パブリックな関数を定義
    return {
      /**
       * テーブル作成
       * @return {Promise}
       */
      init: function() {
        return new Promise(function(resolve, reject) {
          db.transaction(function(tx) {
            tx.executeSql('CREATE TABLE IF NOT EXISTS users (id INTEGER PRIMARY KEY, name TEXT, age INTEGER)');
          }, function(error) {
            reject(error.message);
          }, function() {
            console.log('init success');
            resolve();
          });
        });
      },
      /**
       * データ取込
       * @param {string} fileName - ファイルパス
       * @return {Promise}
       */
      import: function(filePath) {
        return new Promise(function(resolve, reject) {
          // ファイル読み込み
          var req = _getFile(filePath);

          req.onload = function() {
            // 2次元配列に変換する
            var csv = _convertToArray(req.responseText);
            db.transaction(function(tx) {
              for (var i = 0; i < csv.length; ++i) {
                if (csv[i][0] !== '') {
                  tx.executeSql('REPLACE INTO users VALUES (?, ?, ?)', csv[i]);
                }
              }
            }, function(error) {
              reject(error.message);
            }, function() {
              console.log('import success');
              resolve();
            });
          }
        });
      },
    }

    // プライべートな関数を定義

    /**
     * 文字列の 'null' を null に変換
     * @param {string} field
     * @retuen {(null|string)}
     */
    function _convertToNull(field) {
      if (undefined === field || (field !== undefined && field.toLowerCase() === 'null')) {
        return null;
      }

      return field;
    }

     /**
      * ファイルを読み込む
      * @param {string} fileName ファイルパス
      * @return {XMLHttpRequest} req.onload = function(){} で読み込み完了を判別する
      */
    function _getFile(fileName) {
      var req = new XMLHttpRequest();
      req.open('get', fileName, true);
      req.send(null);

      return req;
    }

     /**
      * カンマ区切りの文字列を2次元配列に変換する
      * @param {string} val 文字列
      * @return {Array}
     */
    function _convertToArray(val) {
      var result = [];
      // 改行コード区切りで各行の配列を生成
      var tmp = val.split('\n');

      // 各行の配列からカンマ区切りで配列を生成
      for (var i = 0; i < tmp.length; ++i) {
        result[i] = tmp[i].split(',');
        for (var j = 0; j < result[i].length; ++j) {
          result[i][j] = _convertToNull(result[i][j]);
        }
      }
      return result;
    }
  })(function() {
    // dbfactory
    return openDb();
  });

  // SQLite Database の初期化と CSVファイルの取り込み
  wsUtil.init().then(function() {
    // init の Promise が成功した場合に処理する
    wsUtil.import('users.csv');
  })
})();

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>WebSQL Database</title>
  <script src="app.js"></script>
</head>
<body>
</body>
</html>

users.csv

1,平本裕一,20
2,宮野智美,30
3,徳永里香,40
4,野島洋文,50

DBファイルが保存される場所

Windows の Chrome の場合、C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\databases\ 以下に file__0 といったフォルダが作成されています。
その中に拡張子なしの連番のファイルが作成されているのでそのファイルが SQLite のファイルです。

SQLite のデータの中身 Chrome の開発ツールでも見ることができますが、 DB Browser for SQLite というソフトを使用してデータを確認することもできます。

参考

プライベートな関数には _(アンダーバー) つけてますが、必須じゃありません。

  

共有やブックマークなど