最近オープン!ジンギスカン専門店 羊狼館 (ようろうかん) でラム肉を喰らう

2018年3月にオープンしたジンギスカン専門店 羊狼館 (ようろうかん) へ行って来ました!

福岡のジンギスカンや羊料理のお店は今回で7店舗目で、そろそろ制覇しそうな勢いです。

  


福岡市中央区春吉にあるジンギスカン専門店 羊狼館 (ようろうかん) 。
以前ご紹介した、「ひつじ家。」と「ひつじ家。離れ」もすぐ近くにあります。


まだオープンして数ヶ月なので、外観も綺麗に見えます。


入り口にメニューが置いてありました。


お店の内観。
学校の机や椅子風のものが使われていたり、壁に視力検査のマークのランドルト環が描かれていたり独特な雰囲気ですが、店内も綺麗で清潔感があります。


席に着くとカセットコンロにジンギスカン鍋がセットされていました。
やっぱりジンギスカンといえば、ジンギスカン鍋だよね!


お肉を食べたい衝動をおさえ、まずは飲み物をチョイス。
こちらは単品メニュー。


90分1,500円で飲み放題メニューもあったので、今回はこちらにしました。
生ビールや酎ハイの他に、九州ご当地ハイボールがあるのに注目!
7種類ものご当地ハイボールがあるんですね。


ジンギスカンといえば、やはりビール。
一杯目はビールで乾杯。


お肉のメニューはこちら。
お肉 (ショルダー ・もも肉・バラ) と野菜のセットの「ジンギスカン。」と「タン」と「ハツ」を頼みました。

バラを置いてる店舗は珍しいですね。お肉の種類もなかなか豊富で素晴らしいです。


こちらがジンギスカンセット (タンとハツも含まれています)。
上部の大根に羊のマークが入っていて、フォトジェニックというかインスタ映えしそうですね!
(早速 Instagram にも投稿しました。)


ラム肉を焼いていきます。


野菜は鍋の淵で、お肉は上部で焼いていきます。

セットの野菜はかなり少ないので、野菜を別に頼めばよかったと後悔…。
せっかくのジンギスカン鍋なので、次回は野菜も楽しみたい。


特製のタレにつけて食べます。

お肉は他の生ラムのお店と比べると、肉感が強いというか、羊肉だと食べる人が食べるとわかりそうです。
だがその肉々しい感じが良い。ジンギスカン初心者から、僕のような普段ジンギスカンを食べている人も楽しめそうなお店です。

タレは醤油強めのタレで、個人的にはもう少し甘めのタレが好みですが、ご飯が進みそうな味ですね。
にんにくとか薬味でタレのカスタマイズができると嬉しいかも!


こちらはつぼ漬けピリ辛ラム。
味漬けジンギスカンも楽しめるのは非常に嬉しいです。


そしてもう一つ嬉しかったポイントがこちらのガラナハイ。
ヤカンには焼酎が入っており、自分のお好みで作ります。


ちょうどいい感じの量が入ってるんだろうと思ったら、濃ゆく作りすぎてなかなか酔っ払ったんですけどね…!
飲み物もいろいろあって、お酒好きの人も楽しめます。


最後に (勝手に) タレを絡めた味漬けジンギスカン。


良い感じです!

あと、味には直接関係ないんですが、僕が行った時の店員さんの愛想がみんなよくて個人的に好きでした!

お会計はなんと、飲み放題をつけて一人4,000円弱。
もちろん頼んだ量もありますが、今までで一番お安い会計でした。

まとめ

  • お肉の種類、飲み放題のお酒の種類が豊富。
  • 野菜盛りは頼んでないけど、ジンギスカンセットの野菜や、野菜がもっと多いと嬉しい。
  • 肉々しい少し羊感のある肉を欲するならこのお店!
  • 価格は比較的リーズナブル。

ジンギスカン専門店 羊狼館 (ようろうかん)

福岡で食べられるジンギスカンやラム料理のお店

福岡でジンギスカンとラム料理を堪能するならコヒツジヤ LAMB MAN (ラムマン)

福岡で安く美味しくジンギスカンをたらふく食べられる!「千歳ラム工房やまじん 福岡渡辺通店」

大橋にあるジンギスカンが食べられるお店!敦煌(とんこう)へ行って来ました

無限に食べられそう!?「ラムしゃぶ コヒツジ」へ行って来ました

アサヒビール園 博多店で美味しいビールとジンギスカンを楽しむ!

春吉の「ひつじ家。」でジンギスカン

  

共有やブックマークなど