シンガポール発祥の紅茶 TWG Tea「1837 Black Tea」

シンガポール発祥の紅茶店 TWG Tea(ティーダブリュージー・ティー)の紅茶「1837 Black Tea」

一番お気に入りの紅茶を久々に入手しました。

  

この記事は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

TWG Tea 自由が丘

東京の自由が丘あるTWG Teaの店舗。
先月東京に行った時に寄ってきました。

駅内から見えるTWG Teaの看板。

お店の前。


TWG Teaと出会ったのはたぶん旅行でシンガポールに行った時。
なぜ曖昧なのかというと、当時TWG Teaの存在を知らずに母にお土産として買ってきたうえに、自分は飲まなかったので。

その後、タイに旅行で行った時にPhrom Phong Station (プロームポン駅) 近くにある、Emporium (エンポリアム)という高級デパートにてTWG Teaの店舗と再び出会いました。

この時に買った1837 Black Teaが美味しくて美味しくて、東京に行ったら絶対買ってストックしようと思っていました。

1837 Black Tea


IMG_4099

IMG_4105

TWG TEAの代表的なお茶として知られる1837 Black Teaは、珍しいフルーツや
花々をブレンドした紅茶です。
熟したベリーやアニス、キャラメルなどの風味が余韻に残る時を越えた不朽の
ブレンドです。

友人夫婦の家にお土産として持って行った時に「花々をブレンドした紅茶でフルーティというかトロピカルな感じではないよ」と言ってしまったけど、普通にフルーツもブレンドされていました(嘘ついた、申し訳ないw)。

初めは勝手にクラシックな紅茶を想像していたんですが、花々の香ばしさが目立っています。

安価で美味しい紅茶もたくさんあるけれど、この紅茶は初めて惚れ込んだといっても過言ではない。

IMG_4109

IMG_4115

ティーバッグを買いましたが、ティーバッグもなんともオシャレです。

IMG_4118

IMG_4121

お高い紅茶なので飲む頻度は非常に低いですが、頂いた北海道のお菓子「マルセイバターサンド」を添えるとなんとも贅沢。
紅茶にはバター系のお菓子がよく合うと思います。このマルセイバターサンドもお菓子のなかでは一二を争うくらい好きです。

後日用に

IMG_4127

また我が家では、もったいないので高級な紅茶はティーポットで一度淹れたあと耐熱ガラスの1.3Lの容器に2回目を淹れます。
冷まして冷蔵庫へ。この紅茶はアイスティーも是非一度飲んでもらいたい。

寒いこの季節、温め直してまたホットで飲むのもよいです。

  

共有やブックマークなど