福岡出身だけどジンギスカン鍋を買った

昨年末に会社の忘年会でAmazonギフト券が当たったことをきっかけに、ジンギスカン鍋を購入した。

一人で使うのにはさすがに気が引けるものの、ホームパーティーなどでも大活躍してくれます。

  

ジンギスカンとは

ジンギスカン(成吉思汗)は、マトン(成羊肉)やラム(仔羊肉)などの羊肉を用いた日本の焼肉料理。

なぜジンギスカンという名称かというと

かつてモンゴル帝国を率いたジンギスカン(チンギス・カン)が遠征の陣中で兵士のために作らせた。

という俗説があるが、モンゴル料理にジンギスカンはなく日本で生まれた料理である。
そういえば、餃子のテムジンの暖簾に成吉思汗という文字があるのは、ジンギスカンが食べられるというわけではなく、ジンギスカン(チンギス・カン)の幼名であるテムジンがお店の名前になっているためだからだそうだ。
餃子のテムジン – 創業時のおはなし


購入したジンギスカン鍋が届いた。


ジンギスカン鍋は気軽に使える使い捨てのものや、IH対応のものもあるが、鉄製の物にした。


また、深型になっているため、油やタレが飛び跳ねにくく、野菜が淵にたくさん入れられる。


重量は3.52 Kg。


フッ素加工がしてあるため、多少焦げ付きにくくはなっている。


また、自宅でジンギスカンをするため、カセットコンロを購入。


味漬けジンギスカンのタレが周りの野菜に落ちて焼けて、お肉と野菜を一緒に美味しく焼くことができる。


焦げ付きやすさなど洗い物をするのは多少面倒なものの、既に2回使用しているがジンギスカンを自宅で食べるにはおおむね満足の商品です。

ジンギスカンに関する記事

福岡で食べられるジンギスカンやラム料理のお店のまとめ

松尾ジンギスカンの味漬ジンギスカンをフライパンで美味しく焼く

自宅で北海道の味を満喫できる松尾ジンギスカン

  

共有やブックマークなど